投稿

GenymotionがVer2.11になったのでアップデートしました。[Genymotion]

イメージ
Ver2.10が先日の事のように思いましたが1か月以上経過していました。
Ver2.11のアップデート内容 で、Ver2.11という事なのでマイナーバージョンアップ=バグ修正程度かと思ってアップデート内容を見ると新機能としてなんとDiskI/Oウィジェットが追加されたとなっています。
(起動時にアップデート内容の画面が出てくるのって2.10からでしたっけ?)

「お!何か凄そう。」と思い詳細を読むと低速な内部ディスクをエミュレートできるとなっています。ようするに中身のメモリ転送速度が遅い端末の場合ディスクに負荷をかけるアプリの場合遅くなるのでその場合の実験ができる機能という事です。
「結構おもしろそう・・・」
と、思いましたがなんか有料版しか使えないとかなんとか・・・。ふぅ。
まぁ、一回試してみたいと思っただけで一回で飽きるだろうからいらんけど。その手のアプリ開発者しか気にしなさそうです。携帯大手がハイエンド端末をほぼ無料で配布したおかげで日本の端末は、大抵早いしね。

その他のアップデート内容は、バグフィクスとなっていますが
ある状態で発生する事が稀にあった起動時のエラーを抑制、ランチャー3で壁紙を変えるとクラッシュしたのをしないように修正等で後は、gmtool関連のバグ修正とかまぁ、あまり関係ないかな。
その他 Android8.0 Oreoのエミュレータもプレビュー版として用意されているようです。使用してないので解りませんがまぁ、存在するようになったのです。
そして、Genymotion on demandとかいうAmazonのAWS上で動作するGenymotionとかも着々と改善されているようですがちょこっと試すのには、良さそうですがデータ量での課金だから気付いたら結構な金額になってそう・・・。
最後に 以前よりは、大分安定してきた気がしますしGooglePlayをインストールできるボタンが付加されて容易にエミュレータを遊べる環境が整ってきた気がしますがGenymotionの組織は、収益が苦しいのかどうか知りませんが大分ビジネスに関する部分が強調されています。そして、年額がとても高価です。
そんな中でも個人利用に限っては、機能限定で無料利用が許されています。そしていつまで続くのか不安になるような公式サイトの作りになって来ています。
Genymotionが無料で…

GenymotionにGooglePlay(GAPPS)をインストールするのがとても楽になってた。[Genymotion]

イメージ
前回GenymotionのVer2.10の使用感を記述しましたが1点気付かなかった点がありました。

GAPPSのインストール機能 ひょっとするとVer2.8.1で既にあったのかもしれませんがGooglePlayを使用できるようにする為の機能です。
今までは、GAPPSのライセンスの問題で同梱不可になってしまったのでGoogleApps(GAPPS)を自力でエミュレータのバージョンに有ったファイルを見つけてきて画面上に放り込むという流れでした。
が、今は、異なります。Genymotionの機能としてOpenGAPPS(オープンソースで配布しているコンポーネント)をインストールする事ができるようになっています。
それは、どうするかと言うととても簡単。
OpenGAPPSのインストール機能を使用 エミュレータ画面の右上にある赤矢印のボタンをクリックします。

すると使用規約への同意ダイアログが出てきますので同意する場合は、[Accept]同意できないので拒否の場合は、[Refuse]をクリックします。
 同意するとOpenGAPPSのダウンロードが開始されます。
 ダウンロードが終わるとファイルの展開インストールが行われます。
インストールが問題なく終わるとその旨のメッセージが出てきて現在起動中のエミュレータの再起動を求められるので再起動します。
再起動後は、いつもよりも余分に起動時間がかかりますし画面が止まったような感じになりますが気長に待ちます。当方のPCでは、10分位でした。 再起動完了後アプリ一覧を見るとPlayストアが追加されています。
インストール後右上のアイコンに緑チェックが付いています。  再度クリックするとOpenGAPPSのバージョン画面が表示されます。
最後に GooglePlayを使用したい人やマップ等Googleのライブラリ関連を使用したい人には、必須のコンポーネントですがエミュレータのバージョンごとに見つけてきたり見つけてきてもインストールが完了しなかったりGooglePlusのメッセージが何度も出てきて鬱陶しい等経験してきましたがGenymotionの機能を使用してOpenGAPPSをインストールしたところAndroid5.1/6/7では、特に問題が無くインストールが終わりました。 Genymotionの中の人も動作確認をしているからインスト…

Genymotion Ver2.10 無料版(個人使用のみ)のダウンロード先に関して[Genymotion]

イメージ
以前より個人使用に限って無料使用が許諾されていたGenymotionですがVer2.10から「個人用ダウンロードのリンクが無くなった」という噂がちらほら出てきました。
確かにGenymotionのサイトを見るとSolutionsの項目には、Desktop版、Cloud版、OnDemand版の3種類しか選択肢がありません。これだけ見ると「Genymotion無料版終了のお知らせ」とか言いたくなるのも仕方無いのかもしれませんがそれは、少し早合点が過ぎます。
そう、無くなっていません。Ver2.10も個人使用に関しては、無料版が用意されています。

Genymotion Ver2.10無料版のダウンロード先 と、言ってもどこか別のサイトに移動したとか別の組織が開発を引き継いだとかでは、無く同じGenymotionのサイトにちゃんとリンクがありますので慌てずに探せば見つかります。
まず、トップページの上にあるリンクのResourcesにマウスカーソルを持っていくとBlog、Funzone、Plugins、Whitepaper&Webinarというメニューが出てきますのでFunzoneをクリックします。

すると真ん中下方辺りにピンク文字で「Download Genymotion Personal Edition」というリンクがあるのでそこをクリック。
すると個人使用向けGenymotionダウンロードのリンクが表示されますので自分のOSに対応したファイルをダウンロードすればいつものようにインストールできます。
このページの下の方には、マッキントッシュやLinux用のリンクもあるのでお好みでどぞ。
最後に BlogやTwitterでGenymotionの無料版終了、有料化等の書き込みが散見できたので「あれ?そうなの?」と思って公式サイトを見たら確かに分かりずらくなっていました。
基本的にこの手のソフトは、個人使用がなくなったら反感買ったりバグ情報の収集が滞ったりあまりよろしくないので個人使用は、なくさないことが多いと思います。その辺りは、日本人が作ったソフトのようになんでも金、金の考え方と違うみたいですね。
欧米では、無料ソフトやソース公開の意義や価値を見出す文化があるようです。
ただ、フリーソフトやオープンソースソフト等を開発している組織や集団では、開発資金の捻出に四苦八苦し…

GenymotionがVer2.9.0になっていたのでアップデートしました。

イメージ
Genymotionも大分商業化が進んで少しづつ「有料版がすごく良いから課金しない?」的な機能が盛り込まれてきています。

そしてVer2.9.0でとうとう有料版のTrial版が登場しました。30日間有料版の全機能が使用可能という太っ腹。Windowsは、90日とか120日とかですけど。
Genymotionの課金方法は、「毎月いくら払ってね♪」方式なのでAdobeのPhotoshopのように月額500円位ならまぁ、うまいことやるなぁと思いますがGenymotionは、あれ?
何かいつの間にか年額になっています。
1年で個人事業主用が136ドル、企業向けで412ドルという事で新しいPlaystaion4が299ドルな事を考慮すると「少々お高いんじゃなくて?」と高飛車に言いたくなりそうです。
まぁ、この金額という事は、きっとソニックや鉄拳が滑らかに動くような環境になるまで開発が続くのでしょう。

しかし、当方は、ただの個人なので無料個人使用版が使用できますからどうでも良いお話では、あるのですけど。

Genymotion2.9.0 Ver2.9.0をインストールすると「ライセンスコードの入力」か「ライセンス買え」ボタンが大きい画面で出てくるようになりました。
しかし、当方は、個人なので一番下にひっそりと目立たなく「Personal Use」というリンクがあるので迷わずここをクリックします。
ライセンスの確認画面も出てくるようになりました。まぁ、色々よくある話が書いてあります。

メジャーバージョンアップなのでインタフェースに何か変化があるのかと思いましたが特に何も無いようです。

選択できるバージョン。今回からVer4.1.1より前のがダウンロードできなくなりました。Ver4.4.4以前は、通常使用しないのでどうでも良いですね。
今回の目玉は、android7.1正式版に対応した事です。7.1の仮想マシンをダウンロードすると7.1の環境が使用できます。
早速ダウンロードするとなんと340MB前後あります。
ダウンロード後GooglePlayを使用できるようにします。いつものOpengappsからVer7.1用をダウンロードしてきます。
まだ、Full版しかなかったのでとりあえずFull版を使用しました。ここまでは、うまくいったようです。
うまくいったと思ったのですが上のOKボ…

Genymotion Ver2.8.1にアップデートしたら少しだけ動作速度が上がった気がする今日この頃。[PCでスマホアプリ]

イメージ
昨年ですがGenymotionがVer2.8.1に更新されていたのでアップデートしてみました。

主な更新内容 ・adbが最新のAndroidSDKに更新された。
・Windowsのハイバネーションモードから復帰後にGenymotionがフリーズするのが解消されたそうです。(ハイバネーション中にipアドレスが変更されるとGenymotionがフリーズするのは、Genymobileの中の人は、知ってるけど今回は、対応してないみたいです。)
・VirtualBox 5.0.28に正式対応
・Android2.3エミュレータのサポート終了
・Android7.0(Nougat)エミュレータの正式化
と、なっています。

「adb.exeが最新版に更新された」辺りは、結構重要でAndroidStudio等で最新のAndroidSDKに更新しているとAndroidStudioからエミュレータに接続できないという問題に直面します。「なんで???」と無駄な時間が流れますがまぁ、調べると自前のAndroidSDKのパスをGenymotionに設定すれば良いという良回答がすぐに見つかるから多くの人は、対応していたのでしょうが初めてインストールした人は、たぶん「バグってる」で悪印象もって諦めたんでしょうね。

VirtualBox4系から5系にした際のGenymotionの処理速度の変化に関して[Genymotion]

イメージ
GenymotionもVer2.60あたりからVirtualBoxのVer5系が標準になりました。一応Ver4系でも動作させる方法は、あるので当方は、そのようにしていました。
何故かと言えばただひたすらにAndyがVer4系じゃないと動作しないと思っていた為。
当時は、AndyもVer4系じゃないと動作しなかったのです。
が、現在は、問題ありません。何故ならばAndyは、VMWareで動作するように変更されていたのです。なんてこった。
と、いう訳で当方の環境では、VirtualBoxのバージョンアップを阻害する要因は、無くなった為Ver5系にアップデートする事にしました。
そこでVer5系が登場した際に「パフォーマンスアップ」という単語がVirtualBoxの紹介文の中にありました。
VertualBox Ver5系のパフォーマンス Genymotionにどれだけ影響があるのかなんとなく興味が涌いた為調べてみました。
Ver4系での性能 インストールしてあるVirtualBoxは、「VirtualBox-4.3.34-104062-Win.exe」でVer4系です。
まずは、こちらで性能計測。ちょうどAndroid6.0のバーチャルマシンの正式版が新年早々登場していたのでそれを新規で用意して使用してみます。
で、どうやって計測するかというと単純にAndroidのベンチマークと言えばAntutuでしょう。
早速Android6.0用のGooglePlayを使用できるようにしてからAntutuをダウンロードして実行です。
で、ですね。
どうもAntutuさんは、Genymotionの6.0系では、動作しないみたいです。バーチャルマシンのテンプレートは、Nexus5を使用したのですがこれが良くないのでしょうか。以前Galaxyテンプレートでは、動作してNexus4テンプレートでは、動作しないというアプリがあった気がします。

最も快適?!新たなAndroidエミュレーターが出現。その名も「Nox App Player」

イメージ
Genymotion、Andy、BlueStacks2、WindroyE辺りがメジャー?で安定性や完成度の高さがあるAndroid仮想環境(エミュレーター)だと思います。
そんなAndroidエミュレーター環境に新たなソフトが参入してきました。
その名も「Nox App Player」です。制作者は、中華人民共和国の人みたいです。Windroyも中国人作成ですからだんだんと有益なソフトが出現する地がアメリカ中心から中国の登場となっていくのでしょうか。
必要環境 OS:Windows XP SP3/Vista/Win 7/Win 8/Win 8.1/Win10(X86/AMD両対応)
日本語での紹介サイトには、上記程度しか記述がありません。
参考まで当方が動作させた環境は、以下の通りです。
OS:Windows10Pro64Bit
CPU:Core2E8400
RAM:4GB
VGA:AMD HD5670
インストール 公式サイトからexeをダウンロードしたらツンツンしてインストール開始です。

「同意」とか結構ぞんざいな日本語です。そのままインストールしても良いのですが右下の「カスタマイズ」をクリックすると下のようにインストール先とか色々設定が可能です。とりあえずデフォルトのままで大丈夫だと思います。

で、インストールをクリックするとズンドコインストールが開始されます。

途中なにかのドライバのようなもののインストールも確認されますのでインストールします。VirtualBoxとかでも同じようなものが出てきましたのでエミュレータでは、普通に必要なのでしょう。